私は、すべてのものが助け合って生きていると考えています。これからも土耕にこだわって、「純粋な百姓」として、仲良く楽しい農業を盛り立てていきたいと思います。高橋農園のある前橋市は、非常に畜産が盛んなところです。健康な土は畜産農家との結びつきで作られます。また、規模拡大のための農地のあっせんや経営改善の支援などについても、農業委員会をはじめとする行政当局の支援を頂いてきました。

ふるさと、前橋市の気候と風土、人の恩恵に感謝しています。最近では、農業への新規参入者や、県立農林大学校生などの農業を志す若者や、農業に関心がある人たちの実習・研修の受け入れを依頼され、彼らの人生の貴重な一時期を共に過ごす機会が多くなりました。若者が我が農園を選んで、実際に訪れることによって、新しい農業の担い手や理解者が増えることに役立てればよいと考えています。また、消費者の食への関心は確実に高まっており、食生活もにわかに変化しています。

栽培品目についても市場動向を的確に把握し、需要の変化を見極めながら、個性ある商品づくり「新しい高橋農園ブランド」に結びつけて行きたいと考えます。

代表取締役社長 高橋 喜久男